2009年07月29日

鎌ケ谷の石塔&石碑〜〜その24(1193)

V.鎌ケ谷八幡神社(八幡宮)境内の石碑(塔)

どうしよう    
   お早よう茣蓙居ます.

鎌ケ谷八幡神社(八幡宮)は,新京成電鉄鎌ケ谷大仏驛に近く
正面が木下街道に面し,南側が乗合自動車の車庫になって居
ります.
木下街道を挟み筋向いに鎌ヶ谷大仏さまが坐します.
北側は民家で茣蓙居ます.

けさは“八幡大神の碑”で茣蓙居ます.

では拡大してご覧ください.

※小さい写真にマウスを重ねますと短い文章が
 書き込まれて居ります.

      I鎌ケ谷八幡神社(八幡宮)石碑(塔)・八幡大神の碑〜〜’09.04.19写す.jpg 
      
⇒クリックすると拡大出来ます
posted by 紋狗 悠之輔 at 00:00| Comment(6) | 石塔・石碑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

会社へのお土産は御菓子です。
昨日はまだ配らなかったようです。
今日にでも配るのかな。

相変わらず天気がはっきりしません。
梅雨明けは8月に入ってからのようです。
Posted by otsu at 2009年07月29日 04:56


otsu 賛
お早よう茣蓙居ます.

定かではありませんが、とある全国規模の放送局の気象予報士さんの話です。

その予報士さんによりますと、気象庁では8月に“梅雨が明け”ても、『梅雨明け』とは言わないんだそうですよ。あくまでも≪梅雨明けは7月中≫との事だそうです。
ですから『梅雨明けが無かった』という年もあるようですよ。
今年は無いのかもしれませんですねぇ。
関東は如何なんでしょうかねぇ。
一度「梅雨は明けた」と言って居りますが・・・・

Posted by 紋狗悠之輔⇒otsu 賛 at 2009年07月29日 05:21
この石碑も個人の寄贈ですね…
感無量、わが記事と連携している感じがしました。
終戦の日から、ちょうど2ヵ月後に立てられた…

こちら、やがて一雨の気配…関東は戻り梅雨ですね、梅雨明け、結局分らなかった…になりそうですね。
Posted by 草人 at 2009年07月29日 13:14


草人 賛
“こんにちは”で茣蓙居ます.

南風が太平洋側から吹き込み蒸しむしとして居ります。
日中は冷房を入れて居りませんので頭の天辺から背中にかけ汗が噴き出して居ります。

ここ鎌ヶ谷八幡さまは神殿附近になりますと、昭和時代の建立された碑や塔が多茣蓙居ますですよ。
まぁ、何かの記録にでもなればと、延々と書き込んで居ります。

そうそう、午前中にこれから掲載する庚申塔の写真を整理して居りましたら、小さな八坂神社にも『聖徳太子』の碑(塔)が茣蓙居ましたですよ。

終戦の8月15日はあたくし奴(め)、約2歳4ヵ月で茣蓙居ました。
両親に聞いた事はないんでありますが、終戦を迎えた場所は疎開先の岐阜県の中津川だったようです。

Posted by 紋狗悠之輔⇒草人 賛 at 2009年07月29日 14:42
なかなか更新しない 我ブログへ早々にお運びいただきありがとうございます
m(_ _"m)ペコリ  仰るとおり 女三人 十分食べすぎて 月曜日は更新できず 火曜日はお稽古で・・・帰ってきてすぐに 昨日食べすぎた分〜と 運動しに行ってました〜
ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ 
昭和二十年 終戦の年だと思うのですが・・・
御年80歳を迎えられた方は 何を祈願するので八幡さまの碑を建てられたのでしょうねぇ
Posted by マミヤ at 2009年07月29日 22:28


マミヤ 賛
お早よう茣蓙居ます.

けさも寝苦しさで3時に目覚めましたですよ。
この数日早起きが身に附いてきましたですよ。
雨戸と硝子戸を音を立てずにそっと開けますと、風が通り抜け少しは涼しくなりましたですよ。
はーい、あたくし奴(め)はマミヤ賛のファンで茣蓙居ますんで、新ブログのほうでも更新されますと連絡が来るようになって居りますですよ。

さて、この人の祈願、何だったんでしょうか??
“平和”を祈願したと思いたいですねぇ。

因みに終戦の昭和二十年、あたくし奴(め)は2歳と4ヵ月で茣蓙居ましたですよ。

暑い中、ご苦労様で茣蓙居ます。
気張って引っ越しの準備をしてください。

Posted by 紋狗悠之輔⇒マミヤ 賛 at 2009年07月30日 04:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。