2009年06月28日

鎌ケ谷の馬頭観音〜〜その弐伍(1162)

W.鎌ケ谷大仏境内片隅に置かれた馬頭観音
 
             ごめんね     お早よう茣蓙居ます.

只今は鎌ケ谷大仏境内片に隅置かれた馬頭観音
などを紹介しています.

けさも馬頭観さまで茣蓙居ます.
しかし,何とも無残なお姿で茣蓙居ます.


では拡大してご覧ください.

※小さい写真にマウスを重ねますと短い文章が
 書き込まれて居ります.

     D鎌ケ谷大仏の境内片隅の馬頭観音〜〜’09.5.10写す.jpg

                    E鎌ケ谷大仏の境内片隅の馬頭観音〜〜’09.5.10写す.jpg
                    ⇒クリックすると拡大出来ます
posted by 紋狗 悠之輔 at 00:00| Comment(6) | 馬頭観音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても蒸し暑い一日です、天気実況を見ますと、貴地は一雨…でしょうか。

昨日の仰せでは、この石像群は整然と佇んでいたようですが…
なにか雑然とした感じですね、規模の大きい墓地の片隅にある無縁仏のようにさえ見えて…もっとも、現場に立てば違うのでしょうね。
Posted by 草人 at 2009年06月28日 13:46


草人 賛
“こんにちは”で茣蓙居ます.

午後になり雨が降ってきました。
もう完全に梅雨空といったところで茣蓙居ます。

はい、市立郷土資料館発行の小冊子によりますと、少なくとも昭和61年3月時点では2列に整然と並んでいたようで茣蓙居ます。
大仏さまの奥は墓地で整然と管理されております。
しかし、墓参に来ても、この馬頭観音群を顧みないようで茣蓙居ます。

この小冊子なかなか便利で、市民が知らない石塔・碑が載って居りますが、昭和61年3月時点で調査ですんで今では存在したい塔や碑がかなりあります。
もっと前から興味を持つんだったと悔やまれます。
貴重な市の財産じゃぁないか、と、思うようになりましたです。

Posted by 紋狗悠之輔⇒草人 賛 at 2009年06月28日 14:54
雨脚がますます強まってきた帝都です。
この馬頭観音サマたちも、水無月の強い雨に晒されていることでせふ。

今朝ほど吾が実家のほうに、高校3年のとき同級だったとかいう輩から電話があったそうで、
例によって某政党の支援依頼らしいです。
なので今後は、
「息子は数十年前に"同行ひとり"と書いた傘をかぶって旅に出たきり、行方知れずです」
と答えてくれと、母親に頼んでおきました。
Posted by 真言大好きおじさん at 2009年06月28日 16:29


五十肩大好きおじさん 賛
“こんにちは”で茣蓙居ます.

はい、此方も雨脚強くなってきましたですよ。

そりゃぁ、しょうがないで茣蓙居ますですよ。
何しろ、馬頭観音さまは路傍に坐し往き来する旅人を見て居られるんで茣蓙居ますですから。
某ではなく公明党で茣蓙居ますですよ。〜〜このお方たちにも馬頭観音さまのお慈悲が有る事をお祈りしますですよ。愚輩はね。

そうそう、出立の時は金剛杖も忘れちゃぁいけませんぜ。

先ほどの絵の大きさを間違えましたです。
悪しからずで茣蓙居ます。

Posted by 紋狗悠之輔⇒五十肩おじさん 賛 at 2009年06月28日 17:03
こんにちは^^

今日は昨日とはうって変わって過ごしやすい気温ですね。
おや、アイコンもおうし座に変わりましたね!
Posted by 赤面獣 at 2009年06月28日 18:17


赤面獣 賛
“こんばんは”で茣蓙居ます.

はい、過ごしやすいですねぇ。
しかし、またまた梅雨空模様で茣蓙居ます。
何ですか、明日も雨模様だそうですねぇ。

はーい、少々悪戯心に誘われまして変えてみましたですよ。
如何で茣蓙居ますですかぇ。

ところで、雨の利根川堤に行かれましたですか??

Posted by 紋狗悠之輔⇒赤面獣 賛 at 2009年06月28日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。