2009年05月26日

鬼瓦盗写漫遊〜〜その58(1129)

サイコー!  お早よう茣蓙居ます.

今月いっぱいは鎌ケ谷の農家の母屋や納屋の
“鬼瓦”を中心に掲載しております.
その58日目で茣蓙居ます.
本日は東中澤地区栗原宅母屋の鬼瓦です.

では拡大してご覧ください.

※小さい写真にマウスを重ねますと短い文章が
 書き込まれて居ります.

         70.東中澤・栗原宅母屋の鬼瓦〜〜’08.7.15写す.jpg ⇒クリックすると拡大出来ます
鬼瓦(おにがわら)は和式建築物の棟(大棟、隅棟、降り棟など)の端などに設置される板状の瓦の総称。略して「鬼」とも呼ばれる。厄除けと装飾を目的とした役瓦の一つ。
の顔を彫刻したものから、シンプルな造形の「州浜(すはま)」や「陸(ろく)」と呼ばれるものやの華をあらわしたもの、また、家紋や福の神がついたものなどがある。ルーツは中国に見られ、日本では唐文化を積極的に取り入れだした奈良時代に始まり、急速に全国に普及した。寺院は勿論、一般家屋など比較的古い和式建築に多く見られるが、平成期以降に建てられた建築物には見られることが少なくなった。 鬼瓦を作る職人は、鬼師と呼ばれる。
フリー百科事典『ウィキペディア』から
posted by 紋狗 悠之輔 at 00:00| Comment(11) | 農 家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。千代大海と魁皇にはもっともっと頑張って欲しいですよね。
千代大海、今回もぎりぎりで勝ち越し降格を免れましたね。
白鳳、日馬富士に活躍して盛り上げてもらいたいです。
最近、僕もあまり相撲見ませんが14日目、15日目は終わりの方見ましたね。
Posted by otsu at 2009年05月26日 04:58


otsu 賛
お早よう茣蓙居ます.

はい,あたしゃぁ今でも高砂一門贔屓で茣蓙んすんで,ここは朝青龍さんにも心新たにして頑張ってもらいたいもんで茣蓙居ます.
しかし何ですねぇ,今の高砂親方角界を去ってくれんですかねぇ.
元高見山関も定年で親方をお辞めになりますですねぇ.淋しいですねぇ.

>千代大海と魁皇にはもっともっと頑張って欲しいですよね。
じゃぁなくて,大関を辞めてもらいたいんであります.
相撲をとり続けたいならば幕内にまで下がってとればいいんです.出島さんや雅山さんのようにね
ある意味,このおふたりは立派ですよ.

Posted by 紋狗悠之輔⇒otsu 賛 at 2009年05月26日 06:41
本日の鬼瓦は風格あり…ですね。
下は写っていませんが、豪邸を想像させます。

あの双葉山が横綱に推挙されたのは今日でしたか…もちろん、現役時代の彼は知りませんが、残された数々の記録は名横綱であったことを実感させますね。
力士に外人が増えたから…だけの理由ではありませんが、相撲に興味を失って何年もたちます。
例えば、7勝7敗の力士が千秋楽に必ず勝つ…こんな不合理を見続けているうちに見ることが少なくなったのですね。
折りから、高見山が定年を迎えましたね、外人力士の草分けだった彼が、言うにいえない苦労の末、大成したことは立派でした、彼の優勝と、これも苦労人、水戸泉?(大男でした)優勝が印象に残っています。
Posted by 草人 at 2009年05月26日 08:23


草人 賛
お早よう茣蓙居ます.

双葉山関は名横綱・大横綱のみならず,初代時津風親方としても名理事長としも活躍されたお方です.
蔵前国技館時代に理事長になると協会の大改革を行い,戦後の基盤を確立されました.

こういう話をご存知ですか??
時津風部屋の横綱鏡里関が休場明けの場所,9勝6敗の成績だったんだそうです.
すると,時津風理事長は千秋楽に協会役員としての仕事を終え部屋に戻って,鏡里関を呼び「9勝6敗の成績では横綱として恥ずかしい.協会には引退させると伝えて来た.引退届けを書くように」と伝えたそうです.
鏡里関はひと言も逆らわず翌朝引退届けを出したそうです.
こう言い切った親方も立派ですが,この言葉に従った鏡里関も申し分のない横綱だったと思います.優勝回数は4回だったと記憶していますが,このような力士今は居ませんですよ.
大関で角番を10回以上して翌場所に8勝7敗で大関安泰ですからね.
この2大関の親方は何をお考えなんでしょうか??
千代大海サンの親方は言わずと知れた九重親方,魁皇サンの親方は友綱親方で共に協会の理事をされて居ります.

>7勝7敗の力士が千秋楽に必ず勝つ…
大きな声じゃぁ言えませんが,これは完全に八百長で茣蓙居ます.〜〜協会は否定して居りますが.
相手方がこのような時になった時に借りを返すんであります.

Posted by 紋狗悠之輔⇒草人 賛 at 2009年05月26日 10:23
 ハハハ…八百長です、と言いきりましたねえ、わたしも当然そうだろうと思っています。
白星の貸し借りがあるそうですね、分からなくはありませんが、正直に相撲を愛しているファンに対しての侮辱ということになります、最近、相撲人気が云々されるのも、これでは無理からぬことですね。

鏡里のエピソードは初めて聞きました、仰せのように、理事長、横綱の両者とも立派です。
たしか、大きな太鼓腹の力士でしたね、吉葉山と同じような時期だったのでは…当地に巡業で訪れた吉葉山の土俵入りには興奮したもの、彼なかなかの男前でした。
Posted by 草人 at 2009年05月26日 13:13


草人 賛
“こんにちは”で茣蓙居ます.

これは昔,あたくしが某テレビ局の放映で見た二代目若の花(初代若乃花)関の話です.八百長になるのかどうかは判りませんが・・・・

横綱栃錦関が優勝戦線に残ったある場所で,栃錦関タニマチから明日の相撲は負けてほしいと頼まれたんだそうです.
そこで承知したそうです.ところがこの話,栃関の耳に伝わっていなく立会いで凄い張り手を喰らったんだそうです.そこで若関カァーっとなり勝っちゃたんだそうです.
〜〜この話,如何思われます.

また,相撲取りから噺家になった人の話ですが「明日母親が見に来るので勝たせてほしい」との話は,日常茶飯事の事だそうです.

はい,鏡里関,吉葉山関,千代の山関,栃錦関が一時期四横綱を張ったことが茣蓙居ます.
吉葉山関は引退後宮城野部屋を興しました.
代々続きいたこの部屋から白鵬関がご存知のように横綱になりました.
因みに,美男子横綱吉葉山関の土俵入りは不知火型です.白鵬関の不知火型は吉葉山関を継いだんだと思います.〜〜吉葉山関の優勝回数は一回です.ただし全勝優勝です.

以上,あたくしの薀蓄で茣蓙居ました.疲れました.

Posted by 紋狗悠之輔⇒草人 賛 at 2009年05月26日 15:28


草人 賛
追伸です.

吉葉山関を含め,土俵入りに不知火型を行った横綱は短命です.
柏戸関,隆の里関,三代目若乃花関然りで茣蓙居ます.確か旭富士関も不知火型だったと思います.

白鵬関はこのジンクスを破りそうです.

Posted by 紋狗悠之輔⇒草人 賛 at 2009年05月26日 15:39
 つい、調子に乗って三度目のご訪問…ハハ、決して暇を持て余している訳ではなく、楽しいからであります。

その若乃花の話は愉快ですね、闘士なればごく自然の反応でありましょう、そのシーンが目に見えるようですよ。
まさに薀蓄とはこのこと、立派な知識であります、吉葉山が印象に残っているのは、彼の体型が典型的な相撲取りに見えたからです。
長身で見事な腹でした、実は、不知火型と雲竜型の違いがよく分かりません、せりあがりで両手を開くのが不知火でしょうね、お疲れでしょうから返事はついでのときで結構、ごゆっくり…
Posted by 草人 at 2009年05月26日 15:41


草人 賛
三度(みたび)のお越し有り難う茣蓙居ます.

雲竜型と不知火型違いはあたしもよう知れませんです.
せり上がりが違うのと腰の綱の結び方が違いますが・・・・
この事,意外にオスカー野郎殿が知っておるかも知れません.

こんな話を相撲好きの知人から聞きました.
雲竜型は横綱雲竜が,不知火型は初代不知火が始めたといわれていますが,そうではないようです.
誰が始めたのか定かでないそうです.

はい,吉葉山関と鏡里関は立派な太鼓腹でありました.
子供の頃,憧れたものです.

先に隆の里関は不知火型と記しましたが,この型を伝授したのは大横綱の大鵬さんでこの時は大鵬親方になっていましたです.
彼の型は雲竜型ですのに,不知火型を隆の里関に教えている姿をテレビジョンで見た時は吃驚しましたですよ.
細かいところまで教えて居りました.
因みに大鵬関に雲竜型を伝授した人は現役の初代若乃花関で茣蓙居ます.

Posted by 紋狗悠之輔⇒草人 賛 at 2009年05月26日 16:41
こんにちわ〜
今回のおうちは 屋根の形もちょっと違うのでしょうか?
そりがあるようにも思えます
相撲 日本人が活躍しませんねぇ
もう国技って言えないのでしょうかねぇ
Posted by マミヤ at 2009年05月26日 21:10


マミヤ 賛
お早よう茣蓙居ます.
お目覚めになって居りますか??
昨日のあたしは21:10ですと,寝て居りました.

これまでの農家さんと変わりませんですよ.比較的新しい家でしたんで違ったように見えるんじゃぁないんでしょうか.
しかし,家紋や苗字に金箔を施し何ともこれ見よがしのお宅で茣蓙居ます.

大相撲は最早日本人の活躍する場じゃぁ無くなっているのではないでしょうか??
これは私見で茣蓙居ますが,力士さんの年俸が職業野球や職業蹴球に比べ安すぎ,そちらに行っちゃうのと違いますか.

相撲って國技じゃぁないんだそうですよ.
戦前,兩國に“國技館”が出来,そこから相撲は“國技”と言う思っている人が多くなったんだそうですよ.

Posted by 紋狗悠之輔⇒マミヤ 賛 at 2009年05月27日 06:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。