2009年08月15日

鎌ケ谷の庚申塔〜〜その10(1210)

A 八坂神社境内の庚申塔 

 よっしゃ!     お早よう茣蓙居ます。

“終戦の日”で茣蓙居ます。
昨今では戦争があった事をご存じない人も増えましたですねぇ。

当時は『浮浪者』と呼ばれた戦争孤児を巷でよく見掛けました。
また『パンパン』と呼ばれたご婦人も多く居りました。
わたしたちは“終戦の日”を忘れてはならないと思うですが・・・・


ひと月遅れのお盆真っ只中。
皆さん方どのようにお迎えですか。

そんな中、あたくし奴(め)は
鎌ヶ谷市の庚申塔を訪ね歩き廻って居ります。

その第二弾としましてひと月ほどは
旧粟野村・八坂神社境内の庚申塔を紹介居ります。
この境内に約30基ほどの庚申塔が在ります。
けさは庚申像(?)と庚申塔で茣蓙居ます。

では写真を拡大してご覧ください。

※小さい写真にマウスを重ねますと短い文章が
 書き込まれて居ります。

           12.八坂神社の庚申塔〜〜’08.08.22写す.jpg

                13.八坂神社の庚申塔〜〜’08.08.22写す.jpg
               
⇒クリック拡大出来ます

【終戦後の世相を反映した歌です】
posted by 紋狗 悠之輔 at 00:00| Comment(0) | 庚申塔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。